Japanese display art空間演出

華道いけばな

空間に花の刺激をアジャストするノウハウ

イベントでは様々な空間に花が調和します。純和風の空間ではなく、ライブ会場、演劇の演出、講演会やライブの装飾、そして人の動線と光の質感。それらを加味して華道遠州の装飾はあらゆるイベンター、代理店さまより好評をいただいています。

予算と時間的制限にあわせた花飾り

予算と時間というのは必ず制限があります。その範囲のなかでいかに最大限の効果をいけばなで演出できるか、人を喜ばすことのできる一番の「おもてなしアイテム」は花と植物であることを実証します。

お客様とホスト(演出側)のドラマチックな瞬間

花にまつわる日本文化の講演、メディア出演、いけばなデモンストレーション、フッテージ演出、雑誌企画イベント、ライブイベント、能やオーケストラとのコラボ演出、など、多くの企画や演出法のご相談を受けています。どうぞお問い合わせください。

Special ご依頼

華道遠州は正しい古典いけばなの普及と同時に、現在のあらゆる世代、人が求めるさまざまな空間表現、演出をお手伝いするいけばな活動もしています。イベントや講演、ディスプレイや舞台演出、プレゼンなどに実績があります。

Review 出演と演出例

能舞台忠度の山桜いけばな演出

能舞台の特別な装飾

能の演目は植物に関するものが多いのですが、この舞台は「桜・忠度」。当日はわずか3時間あまりでこの景色を完成させた。満開の山桜の花びらが自然と1枚ずつハラハラと舞い落ちると色光によって時間の経過を観客に感じさせるという趣向。わずか1時間30分の演目が終了するとただちに撤収。

クラシック音楽といけばなの共演

NHK交響楽団・第一コンサートマスター篠崎MARO氏と

銀座王子ホール。世界的なヴァイオリニストとして活躍する篠崎史紀(通称MARO)氏と。ブラームス四重奏にあわせておよそ50分間のパフォーマンス。「いけばなライブ」との競演は会場が百合の花の香りに包まれ、やがて完成していく演出

杜若の舞台いけばな演出

水の使用できない場所に杜若の沢を表現

こちらも能舞台ですが、会場(京都府民ホール・アルティ)は全フロア可動式の機械があるため水を張らずに水もの植物の杜若を群生させる表現です。こちらもわずか3時間で空間をつくりました。ライティングにより波紋が起きる演出も兼ねています。

京都の古典いけばな

遺産的舞台会場で感動の演出を花とともに

京都の花街、上七軒歌舞練場はヒストリックな舞台構造で、緞帳なども人力でまわします。能舞台に見立てた三間四方を青竹で花器として囲み、パフォーマンスとして生けられた紅葉がやがて天井にあがります。能のストーリー進行とともに迎えたクライマックスでは生の紅葉が天井から降り注ぐ演出など、すべてスタッフによる演出です。

華道京都のいけばなイベント演出

音楽と花のハーモニーは誰からも愛される

ファッションのイベントやパーティー・アトラクションとしてもいけばな実演パフォーマンスは効果的です。世界的ブランドのアニバーサリー・パーティーのイベントとして二十弦箏の奏でる音楽と大きな花の演出でモデルたちを、そしてファッションを際立たせるお仕事もしています。

いけばなイベント企画

少人数規模のいけばな演出も

演者とゲストが同じレベルの視点でパフォーマンスされるとき、古典生花の実演など手元での驚愕のテクニックを見ていただくことができます。音楽や光の演出などとともに。

Special event 第15回全国夏期講習ご案内

2015年夏期講習会が開催されます。2015年7月11日(土)〜12日(日) 
・会場/滋賀県大津市「琵琶湖ホテル3Fホール」
・参加資格/華道遠州本部会員はだれでも参加できます
・いけばなデモンストレーション、スキルにあったいけばな実技講習会(一寿宗家監修)、特別講演(まもなくおしらせいたします)
参加費用5,000円(花材費などすべて込み/ホテル宿泊費、食事費は別です)
  過去の夏期講習の内容や様子についてはこちらのページをご覧ください